離婚で住居の名義変更をする

現実的な名義変更とは

離婚と住居問題【住宅ローンも】

離婚で住居の名義変更をする

離婚時の状況として、夫が家を出た後に、妻子がその住居に住み続けるというケースが良くあります。

この場合、妻の側の単独名義とする場合には、気を付けないといけないポイントがあります。

たとえば、抵当権が入っている住居を、離婚時に所有権だけ移転するとすると、抵当権者の承諾が必要になります。

銀行へ連絡して相談する必要が出てきます。

住居ローンが残っている状態で離婚時の財産分与をする場合も同様に、銀行に相談する必要があるのですが、一括返済を求められるケースがあります。

そもそも住居ローンは原則として、申込者が所有し、そこに住むことを目的として貸し付けられるもの。

この条件に合わなくなったなら、返済するようにということになるケースがあるわけです。

カップルが連帯保証人として名前を連ねている場合には、単独名義への変更ができたとしても、連帯保証人の立場は変わりません。

この場合、離婚で住居ローンが滞り、連帯保証人としての元パートナーがやはりローンの返済を拒否した場合、不動産は競売へかけられるという結果に

もなりかねません。

家を出た元パートナーは、そこで新たな生活費が発生します。

二重に生活費を負担できるならそれもかまわないわけですが、往々にして不可能になるケースが多いのも現状です。

たとえ協議内容にさまざま織り込んでみても、無い袖は振れないという結果になりがちなので、注意が必要です。

裁判所 自己破産


Copyright (C) www.qbo-shop.com. All Rights Reserved.

離婚と住居問題【住宅ローンも】