出ていくか、居座るか、離婚時の住居事情

綿密な計画をたてましょう

離婚と住居問題【住宅ローンも】

出ていくか、居座るか、離婚時の住居事情

離婚が決まったら、住居はどうしますか?

着の身着のまま夜逃げのように出てくるというのは避けたいけれど、熟年の夫婦関係の破たんでもない限り、持家の人の場合、そのほとんどが夫名義の不動産だから、奥さんが子供を連れて、その家を出るというパターンが多いのです。

これが年配夫婦の場合、住宅ローンの済んだ家を、財産分与として貰い受けて、さんと子供はそこに残り、浮気など自分に非がある男性側が、家を出るケースが多いということになります。

離婚後、知らない場所に賃貸住居を借り、子供を転校させ、仕事を探してというのは、本当に大変なものです。

離婚を考えているならば、計画的に進めなければいけません。

これは子供のために、自分のために、離婚後の生活が明るい前向きな暮らしになるために、絶対に必要なことです。

住居のめどをつけることは、その中でも最重要項目の一つです。

支払い可能な家賃か、子供たちの学校などの環境はどうなっているのか、勤務先までの足、実家があるならば、実家までのアクセスなど、何重にも考えて決めましょう。

母子家庭の生活は、平均的に苦しいものです。

元夫サイドとしても、すでに慰謝料を払えないという社会状況があるのも事実でしょう。

雇用は相変わらず安定せず、不景気感が日常になってしまっている現在、国の保護策はいつも後手後手です。

専業主婦が離婚して無職の状態だったとすると、住居を借りることもままなりません。

小さい子供を抱えて、助けてくれる人もいない中、それでも離婚を余儀なくされてしまったら、残念ながら、十分なセイフティーネットは、用意されていないのが現状です。

お金を貯めて、いざというときのために、子供と自分のために準備を万端に整えておきましょうというのが、アドバイスと言えるかもしれません。


Copyright (C) www.qbo-shop.com. All Rights Reserved.

離婚と住居問題【住宅ローンも】